全音 バイオリン教本 ご希望の商品をカゴにお入れ下さい

全音 ホーマン:バイオリン教則本(1)

ホーマン教本として親しまれている1,2,3巻のホーマンは、全て左手の第1ポジションだけで弾くもので、曲想豊かなメロディーを弓の技術練習も折りこみながら、第2ヴァイオリン(先生)と一緒に演奏することで、多角的な面から演奏法を学習できるエチュードです。

親しみのある歌やメロディーをやさしい二重奏で、楽しみながら上達を企図した実用的な教本。

[曲目]ハイドン:驚愕シンフォニー/ベートーベン:第九交響曲より/グルーバー:聖夜/他


全音 ホーマン:バイオリン教則本(2)

[曲目]シュポア:侯爵/プレイル:舟歌/グルーバー:聖夜/他


全音 ホーマン:バイオリン教則本(3)

[曲目]コレルリ:ラフォリア/スナユ:アリア/シューベルト:モーメントミュージカル/他


全音 ホーマン:バイオリン教則本(4)

4巻では、さらに第2ポジション、第3ポジション以上のポジションにおいて、3巻までのホーマン同様に、無理なく左手のポジション感覚と弓の技術を学ぶことができる、とても有用な中級課程の教本となっています。 同書はクリスティアン・ハインリッヒ・ホーマン(1811-1861)が著した〈実用ヴァイオリン教程〉(1849)の内の一巻で、世界的に重宝されている価値あるヴァイオリン教本のひとつですが、この4巻はしばらくの間、国内外でその存在が忘れられていたものでした。このたび著者の熱心な改訂による出版で、再び豊かな音楽性溢れる優れたエチュードが、日本のヴァイオリン学習者たちに使われることでしょう。 "


(C)2014 Pizzicato Strings Shop