全音 ヴァイオリン曲集(3) ご希望の商品をカゴにお入れ下さい

全音バイオリン・ライブラリ メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 大谷康子編

ヴァイオリンのための標準レパートリーであるこのメンデルスゾーンのコンチェルトは、ヴァイオリン学習者にとって憧れのひとつでしょう。 この作品を流麗に演奏するためには、正確な演奏技術と、高い音楽的表現力が要求されます。 新しく編集された楽譜は、演奏家としてまた指導者として幅広い経験をもつ編者によって、はじめてこの曲を弾く人にも、演奏する上で基本的な運指・運弓・そしてアーティキュレーションを正しく身につけて練習できるように配慮されています。 ヴァイオリン・パート譜とピアノ伴奏譜のセットです。



全音バイオリン・ライブラリ J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ 浦川宜也編

ヴァイオリン独奏曲として孤高の作品。浦川宜也氏による改訂版は、バッハの音楽的精神をより鮮明にするために新バッハ全集を底本に自筆楽譜も照らし合わせ、演奏の実用のために入念考え抜かれた新しい楽譜。



全音バイオリン・ライブラリ J.Sバッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV.1047 豊田耕児校訂・解説

バッハの自筆楽譜(チェンバロ用編曲BWV1054)や当時の手写譜、原典版を考察し、あくまでもバッハが作曲し、演奏した本来の姿を求めた新版です。古典協奏曲の基礎や奏法を習得する上で、欠かせない作品。



全音バイオリン・ライブラリ ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 佐々木茂生校閲/解説

ドイツ生まれの作曲者はブラームスやチャイコフスキーと同時代に活躍。数多いロマン派のヴァイオリン協奏曲の中でも名曲にあげられる。丁寧な”演奏への提言”付。



全音バイオリン・ライブラリ モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調 豊田耕児編

モーツァルトが二十歳の頃に集中して書いたヴァイオリンのための5曲の協奏曲は、特に3番、4番、5番が優れた内容を持った作品として広く愛好されています。そしてこの3曲は、ヴァイオリンを勉強する人が避けて通ることのないコンチェルトとしても広く知られています。 この「第4番」は、若くしてヨーロッパで研鑽され、その後ベルリンを中心に演奏活動された豊田耕兒が、その演奏家としての豊富な体験と演奏法の実践経験に基づき、現在後進の指導をしている視点から、モーツァルトの自筆譜に立脚して現在考え得る演奏法と解釈を取り入れた楽譜となっています。全楽章にヨーゼフ・ヨアヒムのカデンツァつきです



全音バイオリン・ライブラリ モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219 豊田耕児編

モーツァルトの5つのヴァイオリン協奏曲の中でも、特に3番、4番、5番は広く愛好され、またヴァイオリンを勉強する人にとって避けて通ることのないコンチェルトとして広く知られています。このISRの新刊「第5番」は、自筆譜に立脚して現在考え得るモーツァルトの演奏法と解釈を示した楽譜です。若くしてヨーロッパで研鑽し、ベルリンを中心に演奏活動された豊田耕兒が、その演奏家としての豊富な経験、および作品に対する熱意ある研究に基づいて、指導者としての視点でまとめられています。カデンツァは全楽章ヨーゼフ・ヨアヒム作を収録。



全音 サン=サーンス:序奏とロンドカプリチオーソ ヴァディム・チジク 校訂

1863年にサンサーンスが作曲、名手パブロ・デ・サラサーテに献呈されています。ヴァイオリンのための極めて華やかで技巧的な作品ですが、細やかな音色の変化やニュアンスも求められるとてもデリケートな作品です。



全音 サン=サーンス:サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲 第3番 ロ短調 作品61 木野 雅之 校訂



(C)2014 Pizzicato Strings